【不登校から教員に】子ども時代、学校が苦手だったTERUTERU

不登校から教員にアナタの声

【ひなたうぇぶNext】の編集長、TERUTERUです!

私は、小・中・高校でそれぞれ不登校を経験して、教員になりました。

私の不登校体験を少しだけ、お話したいと思います。

【小学校編】とにかく学校が苦手だった

TERUTERU
TERUTERU

まずは小学校編をお話します。

自分の気持ち・思いを話すことや友達づくりが苦手な小学生で、
学校に行ったり、休んだりをくり返していました。

小学3年生 学校から逃走・・・

小学校へ入学したTERUTERは、
学校へ行ったり、休んだりをくり返す日々。

母や学校の先生は、
なかば強制的に学校へ連れて行こうとし、私はますます学校から足が遠のきました。

そんなある日。
その日も母に腕をつかまれ、学校へ。

学校に着くと先生が待っていて、

私は直感的に、

「イヤだ!」と感じ、逃走。

必死に走りましたが、通学路にて間もなく確保・・・。

交換日記がスタート

ひなたちゃん
ひなたちゃん

TERUTERU編集長、学校から逃走したのですか!?

TERUTERU
TERUTERU

はい・・・無我夢中で逃走しました。
そして、ここで人生の選択を左右する出会いがありました。

学校から逃走・確保されたあと、担任の先生とゆっくりと話をしたのですが、

小3の時の担任は、ほかの先生とは違っていました。

先生
先生

学校に行きたくないって思うことは、悪いことではないよ。
話しにくいことや思ったこと、何でも自由に書いていいよ。

先生からピンク色の1冊のノートをもらい、先生との交換日記が始まりました。

TERUTERU
TERUTERU

3年生が終わる頃には、ノート3冊分にも。

交換日記の先生との別れ・・・

3年生の3月末、衝撃が走りました。

交換日記をしていた担任の先生が、異動・・・!

TERUTERU
TERUTERU

信頼関係も築けていた良き理解者、大好きな先生との別れ・・・
ショックでした。

情緒不安定なまま4年生がスタート。

4年生になってすぐ、交換日記の先生から手紙が届きました。

ひなたちゃん
ひなたちゃん

交換日記から文通へ・・・

先生とのつながりは無くならなかったんですね。

残りの小学校生活を支えてくれたのは、間違いなく、先生からの手紙です。

【中学校編】とにかく学校が苦手だった子ども時代

TERUTERU
TERUTERU

交換日記の先生との出会いがきっかけで、「教員」の仕事への憧れを抱くようになりますが・・・中学2年の頃、半年ほど不登校に。

女子グループの輪に入れない・・・

女子特有のグループが苦手で輪に入れず、苦しかったです。

TERUTERU
TERUTERU

どうして私は学校へ行けないんだろう。
今頃、みんな勉強しているんだろうなぁ。

そう罪悪感を抱き、学校を休んでいる時間も苦しい日々でした。

高校受験、現実が待っていた

TERUTERU
TERUTERU

今でも信じられませんが、中学3年の1年間は皆勤でした。
背中を押してくれたのは、やっぱり交換日記の先生。

中学2年の終わり頃、
担任の先生が、出席日数や高校受験のことを説明しました。

背中を押してくれたのは、交換日記の先生。

先生
先生

TERUTERUさんは、学校の先生に向いてると思うよ。

意を決して、中学3年の4月から登校。

今でも信じられませんが、中3の1年間は皆勤でした。

【高校編】とにかく学校が苦手だった子ども時代

TERUTERU
TERUTERU

高2の春から秋まで再び不登校になりました。

不登校の理由は「自暴自棄」

自暴自棄から退学届

普通科高校に進学した私は、当然進学する・進学できる、と考えていました。

”不登校経験を生かせる教員”になりたい、と進学する気満々。

しかし、母から

「うちは母子家庭だし、進学する費用は工面できないよ」と。

TERUTERU
TERUTERU

友人たちがオープンキャンパスに行ったり、大学のパンフレットを見たりしているのがうらやましかったなぁ。


進学できないのが悔しくて自暴自棄へ突入・・・勢いで退学届を提出しました。

恩師であり目標であり父のような先生との出会い

退学届を提出した日、部活動の顧問だった先生の涙を初めて見ました。

先生
先生

すぐには進学できないかもしれないが、何歳になっても教員になれるよ。

TERUTERU
TERUTERU

私の為に涙を流してくれる人がいる。
先生の為にもう少し頑張ってみようかなぁ。

先生は、私と校長室に行って退学届の撤回、一緒に頭を下げてくれました。

『教員になる』という目標を持った私は、残りの高校生活を丁寧に過ごし、卒業。

アルバイト生活7年を経て、教員に

高校を卒業後、塾の講師やパン屋さんなど・・・アルバイト生活を7年間!

TERUTERU
TERUTERU

25歳の時に進学して教員免許状を取得、教員になりました。

まとめ


「どうして、TERUTERU先生は先生になったの?」

と、子どもたちに聞かれることがあります。

子どもたちの年齢にもよりますが、私は正直に伝えています。

学校が苦手だったこと、不登校だったこと、ステキな先生に出会ったこと。

ひなたちゃん
ひなたちゃん

TERUTERU編集長、インタビューありがとうございました。

TERUTERU
TERUTERU

不登校だったからこそ、教員になりました。
私の不登校体験記が、必要とするアナタへ届きますように・・・

タイトルとURLをコピーしました