【ラーメン タンポポ】まるで昭和映画を彷彿とさせるラーメン屋/都城市山田町

ラーメンタンポポ宮崎あれこれ

日向灘太郎です(^^♪

宮崎県内のおいしいお店を訪ね、早や6年。

正確に数えた覚えはありませんが、少なくとも500件以上は県内各地のお店を訪れたかな(笑)

おいしいに国境はないよう、

すべてのおいしいはフェアであるをモットーに、

和・洋・中の垣根を取っ払い食べ歩いてます。

その記念すべき第3回は・・・

都城市山田町の「ラーメンタンポポ」さんをご紹介します。

ラーメンタンポポの店舗情報

ラーメン タンポポ

アクセス

住所
宮崎県都城市山田町中霧島3174−5

宮崎市高岡町から国道10号線で20分程。

都城市高城町に入り観音池公園先の交差点から山田町に向かう道路に入りました。

それから更に20分程で山田町に到着。
吉都線谷頭駅付近を通りかかると、ラーメン タンポポさんがあります。

お店に到着!

「ラーメン タンポポ」というネーミングでパッと思い出したのが、伊丹十三監督のタンポポという映画のワンシーン。

宮本信子演じるラーメン屋のおんな主人が厨房でひとりラーメンづくりに追われているところへ、
山崎努が演じるウエスタン気取りの風来坊が突然訪れるシーン。

懐かしさと感動が、よみがえります。

道路沿いの路地に入ると小さい駐車スペースがありますが、道路の反対側にも専用駐車場の看板がありました。

赤い暖簾が掛かったのを見計らい訪問。

日向灘太郎の食レポ

ラーメン タンポポ店内

店内はカウンター席と座敷が、通路を挟んで相対しています。

カウンター奥の隅っこに陣取って模様眺めしていると、若い娘さんがにこやかに注文を取りにきて、何だかタンポポの花がパッと咲いたような気分に(笑)

気分が覚めないうちにチャーシューメン大を注文。

チャーシューメン大

  • ラーメンタンポポ
  • ラーメンタンポポ
  • ラーメンタンポポ

スープはあっさり豚骨と醤油のブレンド。

コクのある醤油があとを引く美味しさ。ツルっとした中太麺。

クセになる味のチャーシューで、お口のなかで更に美味しさの輪が広がります。

サイドメニューには、おすすめのギョーザもあります。

ところでこちらの店主はやはりおんな主人なのかと気になるところですが、
年配のおとうさんです(笑)

まとめ

店を後にし、ふと谷頭駅に立ち寄ってみました。

誰もいない駅のホームに、あの山崎努演じる風来坊がベンチに腰掛けていたならば・・・と思わず想像。

赤字ローカル線のホームに漂う、無人駅のリリシズムとラーメン。

映画タンポポでは店のピンチを救うために、おいしい絆のラーメン好きたちの奮闘がありました。

これに共感しコロナ渦の現在、実際に出来ること。
それは私にとってポケットマネーを払い、食べ歩き発信を続けることです。

宮崎県都城市山田町中霧島のラーメンタンポポ さんでした。

※新型コロナウイルスの影響で、一時的に営業日や営業時間が変更になっている場合があります。

お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

ADDRESS都城市山田町中霧島3174−5
TEL0986-64-1624
タイトルとURLをコピーしました