【めし こだま】潮風が香る港町で温もりある手料理を/宮崎県日向市

こだま宮崎あれこれ

日向灘太郎です(^^♪

宮崎県内のおいしいお店を訪ね、早や6年。

正確に数えた覚えはありませんが、
少なくとも500件以上、県内各地のお店を訪ね走行距離100000キロ突破 (^^)

こんなわたくし実は食レポを始めるまでは、ナイフとフォークの料理店さんとは一生ご縁はないものと思っておりました(笑)

食レポが自分を変えてくれました。

おいしいに国境はないよう、

すべてのおいしいはフェアであるをモットーに、

和・洋・中の垣根を取っ払い食べ歩いてます。

今回は、過去に訪れ思い出に残っている、宮崎県日向市細島港の「こだま」さんをご紹介いたします。

小さな食堂 こだま

こだま さんは、細島港魚市場すぐ近くの小さな食堂です。

魚市場から岬に向かうちょっと先に食堂の看板。

正面には漁船が繋留(けいりゅう)され雰囲気が最高の場所。

鳥羽一郎の兄弟船でも流れたりしたら、もうバッチリなロケーションです♪

兄弟船は、沖の荒波で漁をする兄弟の絆を歌い上げた演歌。

そこでこの場に立った瞬間、耳には聞こえない兄弟船のBGMが流れ始めました。

いざ、入店!

お店の入り口をよく見ると「海産物の販売」とも書かれています。

大きく「めし」と書かれた群青色の暖簾。
なんともいい味がでています。

暖簾をかき分け、中へ入ると四畳半ふたつ程の小さな店内。

店の中を眺めているうちに、いろんな思いがこみ上げてきました。

この狭い畳の間で仮眠を取ったりするのだろうか。

そして、
店の前には漁船があり、なんの迷いも起こさず荒れた海に向かうのだろう。

「1回の漁が家族を養う糧である。」

そんな漁師さんのプレッシャーを想像します。

日向灘太郎の食レポ

感慨冷めやらぬところ、店の主のお母さんが登場。

にこやかに出迎えてくれて、日向灘の荒波が満月の凪ぎへ。

「さっきのお客さん、福岡から来ていて鯛茶漬がおいしいおいしいと言ってましたよ」

と言うことで、鯛茶漬 です。

鯛茶漬

茶漬けの出汁は、昆布と飛魚(あご)を使用。

「魚の白和えはおいしい」と、店主おすすめの料理。

ムニエルはバターの風味と、

脂がのった鰆の濃厚な美味しさ、鯛茶漬との兼ね合いがバッチリです。

漁港で味わう、本場の漁師めしです。

こだま へのアクセス

住所
宮崎県日向市細島997

まとめ

日向市細島港の「こだま」さんをご紹介しました。

余計な肩書きの要らぬ漁師さんが船の上で味わう役得。

獲れたての魚を茶漬けで味わう姿が目に浮かびます。
それを支える女房の温もりある手料理。

兄弟のみならず、家族の絆を感じる食レポでした。

その後こちらのお店には訪れておりませんので、訪れる際はご確認のほどを。

そして・・・
クルマで行かれるときは鳥羽一郎の兄弟船をBGMにおすすめします(^^♪

※新型コロナウイルスの影響で、一時的に営業日や営業時間が変更になっている場合があります。

お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。

ADDRESS宮崎県日向市細島997
TEL0982-52-4915
タイトルとURLをコピーしました